アンノウン。 イヤー、しぶいですね。 リーアム・ニーソンさん。 ある意味、ただのくたびれたおじさんなのですが、 ちゃんとカラダとかも、動かせる。 バリバリのスパイだったはずなのに、 その記憶を忘れてしまうなんて。 途中か […]