大人の歯周のトラブル対策に【ブリアン】

デンタルフロス 使い方

デンタルフロスの使い方に関して、

先日、テレビで、放送されていました。

・できれば、ノーワックスや、アンワックスのを、使うのがいいんだそうです。

これは、ワックスで滑りを良くしてしまうと、歯垢の除去の効果が、薄れてしまうため。

ただ、初心者は、扱いづらいと感じるかもしれないので、初めての場合や、慣れていないときには、

ワックスが付いているものでもOKなんだそうです。

 

デンタルフロスを、ひじぐらいの長さぐらい(約40センチ)まで、引き出して、切ります。

それを、両手の中指に2~3回巻きつけます。

デンタルフロスを、歯と歯の間に入れて、

スライドさせながら、ゆっくりと入れます。

上下に歯垢を掻きだすようにします。

さらに再度スライドさせながら、ゆっくりと取ります。

 

そのときに、歯茎の悪い部位に当たると、

血が出たりするのですが、

多少出ても、大丈夫なんだそうです。

(きつくやりすぎて、歯茎を傷つけてしまうのは、やめましょう。)

 

最低でも、1日一度。

やるべきタイミングは、夜、寝る前が、ベストなんだそうです。

歯周病菌などの細菌が、口の中で繁殖しやすいのは、

夜、眠っているときだから。

眠りにつく前に、口の中を清浄にしておくことで、

繁殖しにくくすることができるんだそうです。
 

こちら⇒デンタルフロス

 

歯周病

 

OraPearl(オーラパール)
OraPearl(オーラパール)

薬用オーラパール

© 2018 デンタルフロス rss